モロッコでの生活、ほんで商売?


by keibunkin

病院に行ってきました。(汚い話ですのでご用心を)

6ヶ月も前から香港ガバメントの病院に予約を入れて、遠路はるばるやって来たのに、今回は手術はできずに返ってきました。

検査に検査をしましょうだって!

なので、やった検査は60cmほどのカメラ付きチューブを○○から入れて、ガンがないかどうかの検査。
初体験!

そりゃあー、痛いし、恥ずかしいし、なんともいえない感じやねえ。

目の前にテレビモニターがおかれ自分の大腸の中を洞窟のようにぐるぐるぐるぐると奥に奥に滑って行くのをアップで見てもうた。でも、中は案外ピンク色できれかったわ。

前日、座薬を飲まされていたので、はっきり言って、何処まで我慢できるかヒヤヒヤもんだったわ。

もう、これ以上あかん、「先生、痛いです」というと、「今55cm。後5センチやから」って。

おへその裏の所をこじいてるみたいで、本間にその最後の5cmは大変でした。

ハイ、終わりと思いきや、次は後ろ向きでカメラを抜きながら隅々まで再点検。往復、15分ほどあったようなきがします。

とにかく異常はなし、ガンの可能性もないといわれたけど、先生、肝心の手術は次回ですか?

と聞くと、先生、「いや、手術の必要はないよ。別に異常もないから、このままでいいでしょう。」と言われました。

いやいや、そうじゃあなくて、私は見た目が気になるので、奇麗にばっさり、きゅうっと手術をしてください。

と頼むと、先生、「見た目が悪いからだけで手術はしません。」

だって!

あかん、あかん。
なんや、かんやと便秘薬と出血した時ようの薬を2ヶ月分ももうてきた。
私は便秘でも出血でもなんでもないんだけど。

次回、どうやって説得して手術をしてもらうか。よーく作戦ねっていかねば。
[PR]
by keibunkin | 2009-07-27 06:18 | 香港