モロッコでの生活、ほんで商売?


by keibunkin

内装工事開始!

マラケッシュのアパートの鍵をもらって約1週間、毎日雨の日も、風に日もここやあそこと
工事費用の見積に駆け回っていました。

2・3の内装工事全般を受け持つトータルコーディネイト会社より見積をもらったり、
また各々の材料費(ペンキやセメント)について、お店に言って値段を聞いたり、とにかく
情報収集に徹底しました。

「君はモロッコ人と同じ費用にしてあげる」と言われながらも、
見積書の合計金額はどれも8万Dh強。ほんまかいな?

「高いなあ!賃貸のアパートにこんなお金をかけてどうするの?」
と毎度のことながら、飽きれてしまいます。

まあ、性格やからしゃーない。

とにかく内装業者に頼むよりも、やっぱり自分でワーカーを見つけて働いてもらったほうがかなり安いので、そうする事にしました。

今回はモロッコ君がいないので(彼はワルザザートよ)、自分で無茶苦茶なフレンチ&アラビア語を使っての交渉+監督となります。

先ずはキッチンの改装です。

とにかく今あるタイルが気に入らないので全部剥がす。それからついでにキッチンも変える。

見つけた左官屋さんは日当120Dh。
「おっさん、高いやないけえ。日当70Dhが相場やでえ。」
というと、「わしの仕事は他のおっさんと比べて丁寧でちゃんとしてるんや。」

まあ、だいたいはそんな返事が返ってくるんだが、
とにかく印象が大事。
時間をまもる。ごちゃごちゃと言い訳をしない。歯が奇麗。というのが私がここモロッコで人を判断する条件なので、少しは高いけど、まあキッチンからやってもらうことにしました。

内装工事業者から80,000Dhの費用がきたけど、全部でその半分の40,000Dhで押さえられる様がんばってみまっさ。

d0109295_19203312.jpg

[PR]
by keibunkin | 2010-02-28 19:22 | モロッコ