モロッコでの生活、ほんで商売?


by keibunkin

ドイツの空は雨ばっかり

昨日天気予報で晴れと出ていたので私達はまだ暗い朝7時に起きて支度をし、自転車を地下から出して家を出た所、「雨降ってるやん」。ヨークは「雨なんて大丈夫。服着てるやん」というものの、私は雨の中の自転車がいやや。
なので、家に帰ることにした。
ヨークも仕方なく私と一緒に帰る事にした。

で、何をすることもなく1日ぼーっとしてた。

午後あまりにも暇になったので、2人で卓球をしに行った。
それがまたおもんない。私は脚が悪いっちゅうのに、ヨークはごっつい真剣で変化球を打ってくる。ぜんぜんやる気がなくなった。

その後イタリアから来たサーカスを見に行く予定になっていた。
卓球を1時間で終え、恒例の男女すっぽんぼんサウナに入り、ゆっくり髪の毛を乾かしていたらあっという間に1時間たっていた。もう夕食を食べる時間がない。

ヨークは適当に買ってサーカスの中で食べたらいい、と言ったのものの、私は絶対いややった。
もう毎日パンとソーセージの食生活に飽き飽きしていたもん。
何がなんでもアジア料理が食べたい。

路上、タイ料理屋を発見。

駆け足で入り、メニューもみずに注文。
「ソムタムとカレー」。

来た料理を一気食い。

うまい!

味わって食べてる暇はない。

でもピーナツがたくさん入ってるから、飲み込むわけにもいけへん。噛んで噛んで顎が疲れるほど一気食いや。

やっとのことで食べ終わり、タクシーにのってサーカス会場に。場所はオクトーバフェストが毎年開催されているテリージアンビズ。至るとこにテントが貼ってあって、どこがどこかわからん。少し迷った後漸く会場に入った。

でも、その会場、サーカスというにはカナリ小さい舞台。舞台の上には男の人が3人。イタリア語でベラベラ喋って、その横でドイツ語通訳のおじさんが立っている。

2時間の公演の4分の3寝てしまった。内容は超つまらなく、生卵を投げたり、皿をわったり、ぬいぐるみをノコギリで切ったり。ぜんぜんサーカスではなく昔のコント赤信号ののりやった。

ああー、つまんない。ヨークはこんなんに50ユーロ払ったと後悔していた。

でも、会場に居たイタリア人は本間に笑っていた。腹を抱えて笑っていた。

一方、ドイツ人はずーっと素面やった。さっすがドイツ人、なかなか笑わないのがにくいね。

あーあ、明日は何をしようかな。

でも
[PR]
by keibunkin | 2008-12-22 06:59 | ミュンヘン