モロッコでの生活、ほんで商売?


by keibunkin

さっすが、ミクシーパワー。

レストランやるとなると、色々夢が膨らむ膨らむ。

グーグルで他社の室内装飾デザインを拝見したり、有名レストランのメニュー内容を拝見したり。
ほんまこれが現実となれば、結構楽しい人生かもと、捕らぬ狸の皮算用。

そうやけど、先立つ物は$$$なり。

モロッコで知り合いの人が最近カフェをオープンした。
結構もだんな感じで家具や器具はイタリアから直輸入。
装飾費用に2ミリオンも掛けてるそうな。

そんな$$$もちろん私にはない。

さて、どうするか?

それもそうやけど、言葉の通じないモロッコ人に基礎工事や、室内装飾の手順を説明し、現場で朝晩サイトチェックしていくのもかなり骨の折れる作業。

思いついたのが、誰かボランティアでやってくれへんかのうっと。

学生さんやフリーのプー太郎、たぶんこの世の中暇にしてらっしゃる人がわんさか居る筈。
海外青年協力隊まがいな感じ私のレストランを手伝ってくれる人はいないだろうかと、
さっそくミクシーで建築関係に興味のありそうなコミュニティーに連絡を入れた所、


さっそく、応答あり。

すっごいねえ、ミクシーパワー。

だてに何万人も参加者かこってる訳じゃないんやねえ。

あっぱれです。

さて、協力者もできたことやし、あとは政府の方々らの朗報をまつのみ。


目指すはモロッコフェザボアなり。
[PR]
by keibunkin | 2009-05-06 20:13 | モロッコ