モロッコでの生活、ほんで商売?


by keibunkin

車見つかったんだって。

5つしかない車の1つを盗んで行った犯人の家族(妻と子)はまだワルザザートに居て、
妻は「一刻も早く主人が捕まって牢屋入りを希望する」という。

モロッコ君は彼の友人関係に色々聞き込みをしたところ、ある女性から5月11日深夜2時にワルザザートと返ってくるという知らせを聞いた。

何故深夜2時なのか、家族の元に帰るのか、それとも友人宅に帰るのかは定かではないが私は聞かなかった。

モロッコ君はその夜、近辺の方々に賄賂を支払い、夜な夜な車が帰ってくるのを見張るように頼んだ。

そして車は帰って来た。

袋だたきには遭わなかったし、警察にも連れて行かなかった。

車を借用していた日数分のレンタル費用を支払う事を約束もしてくれたそうだ。

なんかわからんけど、とんかくめでたしめでたし。

簡単に盗まれた車は、簡単に戻って来た。
女房子供を一旦捨てた犯人、せめて奥さんからは袋だたきにあってほしいもんだ。

じゃんじゃん。
[PR]
by keibunkin | 2009-05-13 10:34 | モロッコ