モロッコでの生活、ほんで商売?


by keibunkin

カテゴリ:えびす( 5 )

そうじゃ、そうじゃ、エビスはその後どうなったのか。

7月にマラケッシュを去ったとき、アメリカ人の友人Rちゃんにエビスを預かってもらった。
彼女は大の猫好き。そのとき既に4匹の猫が居て、路上で見つけた子猫をどうしようかと迷っていたときの事でした。
当初私は2ヶ月の留守の予定だったのだけど、結局マラケッシュに戻って来たのが4ヶ月後。

友人Rちゃんも3ヶ月ほどアメリカに帰っていたとか。

「なんや、そうやったら、エビスはそんなにRちゃんに懐いていないかも。」
と思いきや、案の定、私がエビスに会いにRちゃんの家に行ったら、エビスはソファの後ろに隠れて
なかなか出て来ない。

他の5匹の猫(結局Rちゃんは路上で見つけた子猫も飼ってしまっての)は何ともなく、私の戯れつくのが、エビスが私を避けてる?

これはやっぱり私の家には帰りたくない証拠なのかしら?

Rちゃんも何故かエビスが大好き。
夜も一緒に寝るんだって。

かくて、エビスはRちゃんの6匹目の猫となったのさ。

話は変わって、2週間前の事。
路上でまたもや猫を発見。発見といっても、モロッコでは至る所に猫がうじゃうじゃいる。
たまたま見かけたこの猫は前の足を引きずっていて歩いていた。というよりも車の下に隠れた。
しゃあないから、車の中からでてくるまで、ずっとしゃがんで待つ事訳15分。

待った甲斐があって、出て来た所をキャッチ。

よく見ると、足の爪(指)が1本か2本かなくなって怪我をしていた。

しゃあないから、SPANAという動物愛護協会に連れて行く事に。

そこは以前、エビスが怪我をしたときにタダで見てくれた犬猫病院(ロバも馬も見るよ)。
しかしドクターにいきなり「この猫はあなたの猫ですか?」と聞かれた。

どう応えるか、躊躇して、曖昧に応えた私。

「貴方の猫であれば、プライベイトホスピタルに連れて行ってください。ここは貧しい人のため用の病院です。」

というわけで、私はこの猫は道で拾た猫で私の猫ではない、と説明し、とりあえず、治療してもらうことにした。

猫を置いて帰った私。昨日、別の様のSPANAに行った私。
貰い手を待っている約30匹の猫が広いスペースで放し飼いされていてる囲いがある。

この間の猫を探したのだが、その中には居なかった。

どこに行ったんやろう?治療を終えて街の中に返されたのだろうか?
それとも。

モロッコには野良猫やら野良犬がたくさんいる。
なんか、私にできひんやろうか?

ぼちぼちやけど、家の内装が終ったら、何かしようと考えている私でした。
[PR]
by keibunkin | 2010-12-15 18:00 | えびす
次の日、猫と一緒にワルザザートに行きました。

本当はワルザザートから返って来てから猫をもらおうと思っていたのですが、カーペット屋のおじさんの様子では「今すぐ持って行け」だったので、仕方なく大きめのプラスチックケースに空気穴をあけ、バスの旅にでました。

片道5時間。まあ、殆ど寝てるから大丈夫やろうと。

さて、失敗したのは、このプラスチックケース。もちろん穴を開けてるから空気は存分にあるのだが、街を歩いているだけで、中はサウナ状態。

それを私は気付かずバス停まで徒歩30分。最初は日陰でよかったのだが、途中大道路をまたぎ、炎天下の下歩いていると、「にゃー、にゃー」暴れだしたエビスちゃん。

バス停はもうすぐやから、もうちょっと待っとき。
と歩いた者の、それでも必死に出たい様子だったので、途中で蓋を開けて覗いてみると、本人犬のように舌を出して喘いでいる。
「熱いんだ。」
と気付くのは遅かった私、なんと彼女は失禁されている。それも大の方。

ありゃまあ、大変。
その場でティッシュで拭き取り、ゴミ箱がないから道にポイ。
近くにホテルがあるので、ちょっと辛抱!とエビスをケースにもう一回入れて自分の陰にケースをぶら下げ早足に進む。
エビス、自分のものとは言えこのケースの中、超臭いやろうな。臭すぎて、失心せえへんように!

ホテルはクーラーが効いていて超涼しい。コーヒーを注文し、トイレに駆け込み、ケースとエビスを洗う。
この日もエビスはまたしても水浸し。

ウンチは何時したくなるかわからないから、やっぱり長旅は大変やねえ。
反省はちゃんとウンチを済ませてから、行くべしやったわ。

バスの中は熱かった。 窓のガラスは固定されえいて、開け閉めできない。
天井にある小さなハッチ式の窓から辛うじて少し風が入ってくるだけ。

しかし途中バスが故障したのか、路上で半時間止まったまま。陰もなければ窓も開かず、
全席満席でその上何人かは通路に座っている。
みなさん、汗だく状態。

エビスをケースからだすと、きょとんと普通の状態。
どうやら、大丈夫みたい。

そして5時間後、漸くワルザザートに着く。
アパートに放置してあげると、彼女はすかさずソファーベッドの下に隠れ込んだ。

カーペット屋でいつも物陰の後ろにいたせいか、その方が落ち着くんだと思うわ。
その後約一週間もワルザザートに滞在。

鏡を初めて見て、彼女は興奮してた。
背中を高く丸くして、4つの足で同時にぴょんぴょん跳ねていた。

同士だと思っているのでしょう。

ようやく慣れた家ともおさらばして、またマラケッシュに。
帰りは冷房付きのバスに変更。

バスはジグサグの山の中をユラユラと揺れて走った。
私も気持ちが悪くなり、熟睡することに専念。
隣や後ろの座席では「うえー、うえー」吐いている方達がいたみたいですが、
エビスは車酔いにはならかなったみたい。

よい子だわ。
d0109295_2258689.jpg

[PR]
by keibunkin | 2010-06-29 22:58 | えびす
1日目は一緒に寝てあげた。

トイレの場所も教えたし。
顔も奇麗に拭いてあげたし。
餌もカンカンの柔らかいサーモンかなんかで、おいしそうにもぐもぐ食べとった。

でも、トイレはなかなかせえへんかった。
お水もそんなに飲んでないから、でるもんも出えへんねんやろう。

でも、夜中に私の股の間で温いもんを感じた。
オネショや。

「こらー」
というても、本人なんのことかわかっちょらん。

あわてて、シーツとって、タオルを引いてそのまま朝まで寝た私。
何時もモロッコでは痒い痒いと掻いてる私ですが、その晩も掻いてた。

次の日、じっくりエビスの身体の毛の中を探検すると、
スルスルスルスル。
右から左。
上から下へ。黒い胡麻みたいな小さいやつがすばしっこく動いてる。

ノミよ。

うひゃー、おるやんけ。

皆殺しや。

とがんばって、親指と人差し指でつまみ上げる。
ほんで爪でまっぷたつに刻み殺しや。

ぎょえー、えげつない、と最初は思ったが3匹殺した後は少しは慣れて来て、
目も真剣になって、ノミ殺しに熱中よ。

でも、インターネットで見ると、指で殺すなと?
メスのみが卵を持ってる危険性があって、爪で殺すと卵が散らばると?

そりゃあかん。
薬で殺さな。

ちょうど何時も愛用している殺虫剤スプレーがあったので、それを手のひらにスプレーし、
エビスの毛の間に馴染まさせてた。
2・3分おいて、水風呂に入ってもらいました。
もちろん、本人は「いやー、いやー」と泣いていたが、
ノミは私も「いやー、いやー」よ。
勘弁してね、とバケツのなかでオリーブ石鹸水にちゃぽちゃぽ、そして水道水でリンス。

ふかふかの猫の毛が全部濡れてガリガリになったエビスちゃんの透き通った肌の上にのみが30匹以上もおったがな。

ひゃー!
d0109295_543430.jpg


ノミは塗れている毛の下で身動きが取れず、簡単に見てとれるので、そのままつまみ上げて、水道水で流してやった。

これで目で見えるノミはいなくなった。

奇麗になったえびすちゃん、ドライヤーはないけど、タオルで拭いて上げたら、気持ち良さそうにしてた。

でも、この後大変なことに。
[PR]
by keibunkin | 2010-06-29 05:43 | えびす
さっそく、家にもってかえった。

でも、家って言ったって、あちこちに砂利やセメントが落ちていて、部屋もまだ工事中。
こんな所で過ごせるのかしら?

私って超奇麗好きなのよ。

だからあなたも奇麗好きになってよお〜

名前はもうエビスって決めてるの。
だって、これから家で商売していくし、この猫が看板娘になってもらわないと。
だから「商売繁盛笹持って来い!」ということでエビスよ。

友人と約束していたので猫をおいてお出かけ。その日は近所のプールに行く事に。
スイス人のマニュエラがフレンチ学校に通っていて、そこの生徒さん2人を連れてきはった。
一人はアメリカ人レベッカ、とても品が良いちいさなアメリカ女性。もう一人はヒロミ、お子さん2人と旦那さんの妹ジャミラと着はった。

熱いマラケッシュやけど、プールに丁度行った時は日陰になっていて、水が冷たい。
結局子供達は足を濡らしたぐらいで、持って来たお菓子をプールサイドでバリバリ食べていた。
私はジャミラに泳ぎを教え、マニュエラとレベッカはリクラインシートで日焼けをしていた。

でも私はエビスが少し気がかりなので、ここは早めに切り上げスーパーマーケットにお買い物に。
二日後にはモロッコに行くのでエビスを連れていかなあかん。
それ用のケージを買わないと。

買ったのがプラスチーックのピクニックラック。猫用の缶詰2味と、ドライフード一つ。それと小さな皿2つ、トイレ用バケツと砂。あと猫じゃらしみたいなおもちゃ。

家に帰ったのがもう10時近かったけど、ちゃんと部屋でお留守番してはったわ。

餌をあげ、トイレを教えて、さあもう寝よう。
水は飲まなかったわ。お母さんのおっぱいを今まで飲んでいたので、キット味がまだ慣れへんねんやろう。

今日は特別よ。一緒にベッドで寝てあげるねえ。
明日から一人で寝えよお。
[PR]
by keibunkin | 2010-06-12 21:01 | えびす

困ったなあ、猫ちゃん。

いやあ、そんなつもりじゃあなかったのよ。

近所の絨毯屋に子猫がじゃれていた。
子猫なんてメディナの路地にはよく見るんだけど、この子猫は毛がむくむくしていて、「かわいかった」のよ。
「かわいかった」が不味かった。

「かっわいい!」と子猫に近づいた時、頭の中に天使と悪魔が現れた。
「やめとき、近づくのは。」
「見るだけよ。」
「次はさわってみたくなるよ。」
「やあ、割り切ってるから大丈夫よ。」

絨毯屋のおじさんも商売上手に話しかけてきた。
「もらったらどうだ?」、「ここの店にはおけないんだよ。」、「2匹いるんだ。」、「2匹とももらえ」、「黒とグレーだ」。

「やめとくよ。」
「私は旅行によく出かけるから、無理よ」

その間も「かわいい」とじっと子猫を見る私。
「かわいい」は罠よ。

おじさん、商売上手。

ああー、何故か「考えとくわ」と返事をしてしまった。とにかくその場を退散できてホット胸を撫で下ろす。

それから2週間後。
子猫なんて無理無理。
絨毯屋の前はなるべく通らんとこと。ほんでも通り道やから、そんなこともいかん。
あれから絨毯屋の前を通っても一度も子猫を見なかった。
しめしめ、そのまま子猫が早く大人になるように。

ジュース屋でジュースを飲んでいたら、
絨毯屋のおじさんがつかつかとやって来て、
「どうするんだ。君が貰って行かないと処分するよ。」
とベラベラベラベラ話している。
私はフランスが判らなくても、何を言っているのかよくわかった。

山口百恵の古い歌詞:
勝手に方を付けてよ、勝手に方を付けてよ、やってられないわ。

そして「うん」としかいえなかった。

あらまあ、どうするの?
家の近所には既に大きくなった1歳か2歳の猫がうじゃうじゃいるのに。
その猫は汚くていつも「うっとおしいなあ」と思っているのに、
なんで子猫はかわいいんだろう?
しかもこの子猫は超かわいい。

鼻から下と首が白色なので狐に似ている。また昔の泥棒みたいに鼻の下で頭巾を結んでいるようにも見える。
まあ、持って返れと言われたのでとりあえず、持って返った。

乗りかかった船だ。
早く家を完成させて、住み込みお手伝いさんを雇おう。

なんとか、なるのさ。
[PR]
by keibunkin | 2010-06-12 04:24 | えびす