モロッコでの生活、ほんで商売?


by keibunkin

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

A4の紙を4つに割り、そこにカバンの絵、賞金500DH、モロッコ君の電話番号、「タクシーに残した紅いカバンを探す」をフランス語、アラビア語で書いた。50枚刷って4つに切って、全部で200枚。

半分の100枚をモロッコ君に渡してサラのタクシー乗り場に。半分の100枚を私が持ってここでバラまく事になった。 タクシーの運転手から聞いた話によると、全ての忘れ物は一応タクシー警察局に届けられ、その警察局は5時に終うらしい。なので、モロッコ君はサラの警察局、私とマリアンはラバットの警察局に行き6時にまたここピザレストランで落ち合う事にした。

さてビラ配りが始まる。
最初マリアンは手伝うと言っていたのだが、やっぱり長旅で疲れていたらしくピザレストランで休んでおくと言った。

私は所定の配置に向かった。さっきのユータン地点の分岐帯である。

バラまくのは簡単だった。変な中国人女性が(私はそのとき熊のような黒い毛の長いジャケットを着ていた)道の真ん中で紙を持って立っている様子にみんな何ごとかと珍しがってタクシーの中から手をだしてくれた。
まるでそれはそれぞれが私に向かって「ハイ5!」と子供のように挨拶してくれるかのようだった。近くにいた物売りのチビッコも手伝ってくれて見る見るうちに手の中にあったビラが減っていた。途中あっというまにビラがなくなってしまうんではないかと私もケチってしまい、最初はおのおのの運転手にあげてたけど、この人は辞めとこう、この人にはあげとこう、と選り好みをしてビラ配りの時間を長引かせてみたりもした。

5分で終りそうだったビラ配りをなんとか20分少々で配り終えた。最後の6枚はまた刷り直しする必要があるかもと大事にリュックの中にしまった。

配り終えてピザレストランに向かう途中、その辺に泊まっていたタクシーの運転手達が手を振ってくれて「カバンは見つかったか?」と心配してくれた。モロッコ人、普段道歩く事に「中国人?日本人?」とシツコク声かけてくるけど、こういうときの親近感は私は大好きだ。うわさはとにかく広まってくれてる模様。ビラの効果を期待しよう。

午後5時。警察に言われて忘れ物が届けられているかどうかマリアンと一緒に確認しにいった。残念ながら警察局の部屋に置かれた幾つかのカバンの中には私の紅いボストンバックはなかった。サラに言ったモロッコ君も戻って来てくれて「なかった」という。

あーあ、私の紅いカバン、どこにいったんやろう。中身は私の着古した靴下やt−シャツなんかやし、拾たってそんなに高く売れるもんでもないのになあ。

せっかくラバットにいることだし、とりあえずマリアンとモロッコ君を連れて中華料理をたべに行く事にした。彼らは生まれてこのかた中国料理を食べた事がないという。私はもう久しぶりにアジア料理が食べれて胡散ばらしができることに期待。

さてどうやって中華料理やをさがすのか。以前イクコ氏と着た時にはホテルの受付が電話帳で探してくれた。ここには電話帳はないと言われピザレストランのボーイやシェフに中華料理屋を聞くが誰も曖昧な返事しかかえってこない。

ピザ屋をでて取りあえず歩く事に。このピザ屋の前では仮設の遊園地があった。グルグル回る吊りブランコに乗ってきゃーきゃと嬉しいのか怖いのか悲鳴が聞こえる。夕焼けの空と遊園地のネオンの色とかが混ざってその場の配色は本間にきれかった。

モロッコ君は「誰か乗り物から落ちた!」という。私も大げさに「きゃあー」と叫ぶ。みると男の人がまだ空中でグルグル回っているブランコの下で4つんばになっていた。

あれまあ、本間に落ちたんやわ。大丈夫かいなと、心配してたらだれか助けにいったみたいで彼をまずはその回転乗り物台から引きずり下ろした。結構乱暴に引きずり下ろしたのはきっと上にグルグル回っている乗り物に当たらないようにするため早く台から下ろそうとしたのかと思っていた。

でもそのあと、その落ちた人を3・4人掛かりで近くに居た物陰に素早く運び込み、いきなりよってたかって蹴り始めた。

なんのこっちゃ?この人さっき乗り物から落ちてんで?と訳の分からんこっちゃ。

酔っぱらい?どつかれて、蹴られてぼこぼこにされつつも、その落ちた男はどっこかに逃げて行った。

全く訳が分からん。なんちゅう所や、モロッコは。

つづく
[PR]
by keibunkin | 2009-01-16 20:03 | モロッコ
前を必死に走っているモロッコ君を後に私も来た道を歩いて戻る。

やっと交差点の所まで戻って来た。

モロッコ君が大通りの手前で、そこには給油所があるのだが、モロッコ君はその辺のおっさんと話をしている。(君はまた誰と立ち話をしてるんや?カバンはどないなってんねん?)私が近寄って、「で?」と聞いてみると、「タクシーは既に出てしまっている」と答えた。

ナンバープレイトは覚えているか?と近くにいたおじさんに聞かれて「そんなん覚えてる筈ないやん」と鼻息で答えてやった。(誰がいちいちタクシーに乗る度に車のナンバープレート覚えてる奴がおるねん。そんな事するくらいならカバンを忘れてこうへんわい。)

さて、考えるとさっき私達が乗ったタクシーはサラとメディナの2地点をを行ったり来たりしているやつで、ラッキーであれば10分後にまたここに戻ってくるはず。

私はなんとなくタクシーの運転手の顔覚えているので、とりあえずモロッコ君に直ぐにマリアンを迎えにいくよう、そのあいだ私はここで待ってタクシーを探すと告げた。

10分待った。辺りはあっというまに明るくなっていて車の数もかなり増えている。1回の信号が変わる度に約20台のタクシーがここでUターンをしてサラに戻っていく。私はたぶん300人近くの運転手の顔ここで見ている。 タクシーに乗っている一人一人の運転手の顔をジロジロ見ると、向こうもなんやなんやと私の方をじっと見ているみたいだ。私の記憶では私達の乗ったタクシーの運転手は若かった。最初、相乗り乗客を待っていた時、運転手座席には人が居なくて、車の外には男の人が2人立っていた。2人とも若くて、小奇麗な格好をしていて私は誰が運転手か判らなかった事を覚えている。それからしばらくして車が一杯になると運転手が私の横に座った。私とモロッコ君は前の座席に座ったので運転手の横顔が視界に入ってた。たしか20代だったようだと思う。珍しく若い運転手だったので印象がある。黒いジャケットだ。帽子かジャケットのフードを被っていたような。髪型がまったく記憶にない。車の前の台に黒いタオル地の敷物が敷いてあって、その敷物がちゃんとエアコン空気孔の形に沿ってカッティングがされており、オレンジの色でメルセデスベンツと印字されていたのも覚えている。

手がかりはそれだけ。

私は道路の真ん中にあるコンクリートで高くなった分岐路に立った。ここからだと信号を待つ運転手の顔も前のテーブルクロスもちゃんと見える。私が一人ずつ彼らを見るより彼らが一人ずつ私を見て行った。そやけど、若い運転手なんてほとんど見なかった。皆おっさんで、口ひげを生やしていて一見ホセイン風のおっさんばっかりだった。

コンクリートの上をずっと立っているため足先がかなりカチンコチンに冷たくなって来た。モロッコの冬は朝夕とかなり冷え込むのよ。血行を良くするよう足踏みをしてみた。みんな私を変な中国人と見ていただろう。

待つ事約30分、どうみてもさっきのグランドタクシーがサラからメディナまで2往復もしている時間が過ぎた。あの運転手は一体どこにいったんだろう?朝ご飯でも食べにいったのだろうか?道を変更してどっか他の場所に稼ぎにいったのだろうか?それとも遅番で私達を最後に朝晩の人とシフトしたのだろうか?

1時間近くなってモロッコ君がマリアンを連れて戻って来た。マリアン、おつかれさま。夜行バスだったので彼女も疲れている様子。バスの中では殆ど寝れなかったらしい。

とにかくその場は諦めて私達はマリアンを連れて朝食を食べに近くのピザレストランに行った。

それから9時になり、3人で区役所に行き、書類に3人のサインをして公認印鑑をもらいに行った。この為にわざわざマリアンが10時間近くもバスに揺られワルザザートからラバットに来ている。本間に難儀な国や。

カウンターにモロッコドレスを着て、頭にスカーフを巻いた太った女の人が2人座っていた。どう見ても八百屋のおばさん風のその女性がここで働いている人らしい。カウンターの向こう側に座っているから実際顔しか見えない。そのカウンターの前に申請に訪れた人が数人並んでいる。おばさん達は彼らから書類をもらって、パパパッと内容を読んだ後、署名人本人とIDを確認してそれがオリジナルであるとことを確認すると収入印紙を貼ってハンコを押す。

ここモロッコでは政府に提出する書類はいちいち収入印紙と公認印鑑を押してもらわないといけない。悪徳モロッコはこんなところで儲けている。

モロッコ君が書類を渡して、署名する3人がここにいると説明した。すると太ったおばさんはこの書類はオリジナルではありませんと突っ返した。書式のカラーが白黒なのでオリジナルではないと抜かしやがる。あたりまえやん、インターネットでプリントアウトしたものだから色は白黒になってどこが悪い!とまたしょうもない事で揉める事約20分。生憎隣に座っていたもう一人のおばさんが「私がハンコ押してあげるわ」と、また訳の分からんことを言うてくれはったので、とりあえずここは通過する事ができた。

モロッコにいると、何時何時どんなことで足かせをくらうか判ったもんではない。

さて、書類もそろったのでモロッコ君は再び交通局に戻る事になった。一泊ここ首都ラバットに泊まって行く?と聞いてみたが彼女は夜のバスで真っすぐワルザザートに帰るというので、それまで時間稼ぎをすることになった。

再び朝いたピザレストランに戻り、今日1日の作戦会議を練る。私の目下の任務はどうにかしてカバンを取り戻す事だ。幸い大事な書類、パスポート、財布は全て私のバックパックに入っていて、あの紅いボストンバックには何も大事な物は入っていない。薄手のダウンジャケット、ランニングソックス、お気に入りの下着、洗面道具。他人にとっては金目のものは何もないが、私はあの紅いボストンバックが気に入っていた。かれこれ10年も愛用している。韓国で買ったパチもんのOutDoorバック。昔飼っていた愛犬マルちゃんがカバンのひもを半分ほど食いちぎった跡のある思い出のあるカバン。

他人の手に入っても何の価値もないカバンだけど私にとっても大事なカバンなのよん。

なんとかして、取り戻さなくては。

何時もの手やけど、この方法しかないでしょう、

賞金。

これが一番手っ取り早い。

で、ビラ作りを始めました。

つづく
[PR]
by keibunkin | 2009-01-15 18:44 | モロッコ
日曜日の夜、マリアンは9時の夜間バスに乗り込んだと連絡があった。ワラバットに月曜朝6時に到着予定となり朝早くモロッコ君と私は彼女をバス停まで迎えに行く事になった。

モロッコ君の姉宅に厄介になっていた私達、荷物をまとめ家をでたのはまだ薄暗い中だった。

家からタクシー乗り場まではほんの数分の距離。優しいモロッコ君、ええよええよと言うのに私の荷物を持ってくれた。

タクシー乗り場に着くとそこには既に一台のタクシーが待っていた。モロッコには通常2タイプのタクシーがある。グランドタクシーとプチタクシー。プチタクシーは小型車でグランドタクシーは大型タクシー、通常メルセデスベンツD240だ(そやけど、ごっついボロやで)。大型タクシーは乗り合いタクシーで前の助手席に2人、後部座席に4人。運転手を入れて計7人、運転手以外はお尻を半分浮かせながら座るようになっている。誰もシートベルトなんてしていない。安全なんて誰も考えない。これが公に認識されてるなんて、モロッコのキングを罰するべきではないだろうか?

モロッコ君が私の荷物紅いボストンバックをトランクに乗せ、私達以外の相乗り乗車員を待った。タクシーが一杯になると約2キロ離れた市の中心メディナに出発した。サラから来たタクシーは皆そこで車を空にして、またサラに戻っていく循環タクシーになっている。私達もそこで車を降り、プチタクシーに乗り換え中央バス停留所にマリアンを迎えにいく。

そのはずだったのだが、事態は変わった。

グランドタクシーを降りて、交差点を渡った所、まだ朝の通勤者で道が混雑していない時、すでに盲人や年配の人、赤ちゃんを抱えた母親達が1ディランをくださいと手を差し出していた。

モロッコ君は「通勤者もまだいないこんな早い時間から働いているね」と言いかけた所、私が「モロッコ君、かばん?」

すかさず、モロッコ君の目が一点を見つめ、何が起こったか寸時にして解読し、次の瞬間私に自分の手提げ鞄を持たせ、駆け足で来た道を走って行った。私達がさっきのタクシーを降りたのは2分前?もしタクシーの行列が信号に捕まっていたら、私達の乗ったタクシーはまださっきの大通りにいるはず。

運を天にまかせた。

つづく。
[PR]
by keibunkin | 2009-01-14 04:18 | モロッコ
いよいよ交通局官舎の中へ入るぞ。

官舎の入り口で制服を着た女性からIDチェックがあった。埃っぽい建物で昼間だからか薄暗く、築30年といったところか。備え付けられてあるエレベータの速度がおそろしいほど遅かったので階段で4階まで上がることにした。2段飛ばしで走って上がるモロッコ君と対象に老婆のように階段を上がって行く私。4階の廊下を少し進んだ左側の部屋に中にモロッコ君を見つけた。

部屋の中に数人の人がいた。
アラビア語ベラベラと会話がすすむ。
40歳ぐらいの女性が一番偉そうだ。どうやらここは彼女の個室オフィスみたい。大きなデスクと椅子と書類や本らしき物があったような。その横にもう一人女性が。モロッコ人にしては垢抜けた感じのスーツを着込んだ30代女性。髪の毛もスカーフに包まれていず少しブロンドがかかった明るい色だったような気がする。それから男(おっさん)3人が入り口の横で並んで立っている。見るからに役立たずのおっさん達。お寿司でいうと、かんぴょう巻き、きゅうり巻き、お新香巻き。それに比べ女の人は太巻きか、カリフォルニアロールと言った感じになるだろうか。

太巻きの女お役人さんは部屋を入ったり、出たり。どうやらモロッコ君にこの書類は間違っていると言っている様子。モロッコ君は真っ青。書類のやり直しにガッカリしているのではなく、なによりも私にどやされる事を恐れているみたいだ。彼の目がそれを語っていた。

始めは様子を伺っていた私だが、だれも私の存在を無視して前に前に話が進んでいる様子。何もわからず無駄足となってまたワルザザートに戻るかと思うと気持ちがわなわなと燃え上がって来た。

「ちょっと、ちょっと、誰かどうなっているのか、説明してもらえません?書類に何か落ち度でもあるのですか?私達はワルザザートからわざわざ着ていて、ここに来る前にきちんと会計会社とワルザザートの交通局に書類が正しいかどうかチェックをしてもらっているんです。過去にすでに私達は3回もここラバットに来て、その度にあの書類、この書類と言われています。今回書類に何が問題があるのか、どのような書類が必要なのかはっきり言ってもらわないとラバットワルザザートを何回も行ったり来たりすることになってしまいます。お互い時間の無駄とお金の無駄をなくす為に今回、書類に関してきっちりと説明してくれませんか?」とまるで昔の吉本新喜劇で演じた山田スミ子の様にこんだけ長い台詞を一気に喋ってやった。

だが英語で言ったので、誰も返事はないだろうなあと思ったが、なんとカリフォルニアロールがそれに英語で答えてくれた。

「今回提出して頂いた申請用紙は古い物で、用紙が最近新しく変わったそうです。新しい用紙は現在ウェブサイトでダウンロードできるそうなのでそれを使ってやり直してください。新しい用紙との違いは最後のページには政府のスタンプが既に印字されているのでそれがないと書類受理できないんです。」

「あほくさ!用紙が新しく変わったなんて、誰がわかんねん。そんなん前から言うとけよ、ぼけ。それだけの為にまだワルザザートまで戻らなあかんのかよ。ええかげんにせえよ。外国人や思てなめとんか。」と10倍ぐらい気持ちを抑えて優しい言い回しに転換し英語で返した所、またアラビア語でピーチクパーチク話が交わさり、月曜日に新しい用紙を持ってもう一度着て頂ければ書類を受理してくれるとこのこと。

ほう。ちょっとは一安心。

しかしその書類には3人(モロッコ君、私ともう一人社員)のサインが必要なので、急遽ニューフェイスのマリアンがワルザザートからラバットの週末をかけて着てもらう事になった。

それも大変な話やな。

とにかく、月曜日にもういちどここ交通局に用紙を持って来さえすれば、念願の申請書類受理までに辿り着ける事。とにかく一歩進んだ気がする。山頂は見えた。頂上まで後一息だ。

話が終わり、私はとっとと部屋を出た。モロッコ君は何やら先ほどのおっさん3人組とまだ話をしている。私は一人で先に先来た階段を降り官舎の玄関に向かった。

玄関にくるとバンのおじさんが立っていて私と目が合うなり「どうやった?」と聞いて来た。

「あかんあかん、また別の書類をもってきて月曜日に戻って来なあかん」
というと、おじさんは少しホッとした様子。そりゃそうやろうなあ。おじさんここでもう3日3晩もおるねんもん。娘(?)ごときが横から来てとっととハンコを貰って返って行ったらそりゃええ気はせえへんやろうな。

モロッコ君と私は交通局を後にした。

さて、さきほどのかんぴょう、きゅうり、お新香巻きはなんやったんだろう?おっさん3人揃ってドアの横でニコニコ立っていて、発言も助言も何も無かった人達。モロッコ君いわく、あれがいわゆる「コネクション」。彼らが居る事で申請手続きが捗るそうな。ほんまかいな?なんの役も立ってなかったような気がするが。あの日、彼奴らがくるのを待つのに2時間もかかっているのよ。あほらしい。世の中狂っている。

つづく。
[PR]
by keibunkin | 2009-01-13 22:28 | モロッコ
こりゃあかん。またもや鞄をなくしてもうた。
まだ営業許可書がもらえなく、待つ毎日にやきもきしてる時に鞄をなくしてしまうなんて、あーあ、頭にカウンターパンチをくらった気分や。

事の起こりはモロッコ君とラバットに許可書申請書を出しに行った時の事。

バスに揺られること10時間。遠路はるばるワルザザートからモロッコの首都ラバットにやってきた。バスが着いたのは朝の8時。

ちゃんと交通局と金曜日朝一番にアポを入れたというモロッコ君、確認の為にもう一度電話を入れる。すると今忙しいから交通局の門の前で待っおとけ?

なんで中に入られへんねん?と思うのですが、いちいち質問すると時間より質問事項が多くなる故、ある程度質問したい気分をおさえ、楽観的観測気分にモードチェンジ。手荷物(紅いボストンバック)とリョックサックをかかえ、言われた通り待ちまっせ。

そやけど1時間も玄関前で待っている。何度かモロッコ君がその交通局のお偉方とやらと電話で何時に来るのか催促しているのだが「向かっている最中」と返ってくるだけで、何時に到着するのか時間をフィックスしてくれない。こいつら、まだ出社もしてへんおかよ。それならそうと言え。

玄関前といってもベンチも待合所も何もない。地べたに座っている私のケツがだんだん痺れて来たやないの。

「あほらしい!モロッコのお役人は待ち合わせもできひんのかあ。そやから仕事ができひんねん」と呆れ返って私は思わず道路の真ん中で分刷り返って寝てやろうかと思った。

モロッコ君は「僕たちはお願いに着ている身分なんだから、頼むからそんなことは辞めてくれ。ぼくなら2時間でも3時間でもここで待つ事はなんとも思わないよ。」とまた寝ぼけたことを言うてはる。

「ええかげんにせえ。来るかもどうかもわからんのにこんな所でアホみたいに待っとけるかあ。」と拗ねまくる私。こんな時の為に持って来た文庫書も開いて読んでは見たがイライラして全然内容が頭に入らない。

モロッコ君はそこに停まっている車(大型バン)の人と知り合いになったのか、車の中で優雅に音楽を聴きながら世間話でもしている。

あかん、こいつら長居をするつもりや。モロッコ君に「役人に役所に着いたら電話してこいと言え。それか12時にまた来ると言え。」と真剣に頭に来ている私。

モロッコ君、「まあまあ、そんなにおこらんと。車の中で座って待っときい。」と全然待つ事を気にしていない様子。

あほか!車の中で待ってられるか!と車の横に立っているモロッコ君の所に歩いて行くと停まっているバンのサイドドアが開いているので中が見える。見ると、新しい車で結構お値段の高そうな車。さっきまでの意志とは反対に好奇心を期した脚がおもわず「サラマリコーン」と中に入って行った。なかには小柄なおじさんが1人。目を細めて「おいでやーす(アリコンサラーム)」と迎えてくれた。

聞くとこの人も私達同様ワルザザートとから着ているそうな。ハンコ一つ貰う為にかれこれ3日間もここで待機している。

3日間も?

そのため 長期滞在にも対処できる様大型バンで着はって寝るのも食べるのも準備万端。今日金曜日にもしハンコが貰われへんかったら月曜日までもちろん待つし、ハンコが貰えるまで家に帰らへんそうな。

なんやそれ。気の長い国民やな。ここの政治は間違ってるでえ。
市民のことをなんや思てんねん。腐った官僚、腐った役人。
そやからいつまでたっても国が進歩せえへんねんやんけ。ぼけ!

ラッキーにもその小柄なバンに乗っていた男の人は英語ができたので、私達は互いの愚痴をたらたら語り合うことができた。おかげで少しはうっぷんが晴れたし時間が経つのが早く思えた。
車の中で20分ぐらいした所(実際は30分あったのかもしれない)、モロッコ君からGOサイン。役人がやっと到着したという。走って官舎の中に行こうとするモッロコ君。私に急げと催促する。「あほくさ、こんなに待たされて今更なんで急がなあかんねん。」とまだふて腐れている私。カタツムリのようにのろのろと歩いてやるねん。


続く。
[PR]
by keibunkin | 2009-01-12 05:52 | モロッコ
年の初めになって我ながらしっかりと1年の抱負は決めていても、年の終わりになると「はて、今年の抱負はなんやったけなあ?」と忘れてしまっている。

ということで、今年は抱負を記録に残す事にした。

まずは、
モロッコビジネスをしっかり立ち上げる事。
香港帰還の準備をすること。
毎朝腕立て・尻上げ体操・ジョギングをかかさないこと。
ちっちゃいことでいちいち腹を立てないこと。

題して「規則正しく美しく。」

なるほどなるほど。

しっかり抱負も決まった事だし、次は実行あるのみ。

今朝、イタリアからドイツに帰る際、とんちんかんに列車を乗り間違えてしまった。次の電車が発車するまで1時間も待ちぼうけ。そやけど、こうして発車を待つ電車に電源があって、ラップトップを開けて1年の抱負が書く事もできたって事は、災い転じて福と成す。ラッキーではないか。

元旦は何でもええふうに書いておこう。

電車の窓からは白い気球が青い空に向かって上昇していった。
まるで私の前途を示唆するように!
[PR]
by keibunkin | 2009-01-02 03:52 | ミュンヘン

初夢みたよ。

今日は朝から調子がええ。
なんてたって初夢をちゃんと見ちゃった。

手のひらにしょぼくれた5cmぐらいの苗があってそれを土の中に入れて、水を少したらし、太陽の光を集中に当てて上げたら、みるみるうちにニョキニョキと草が生き返って大きく伸びた。

すごいすごいと感動。

他のしょぼくれた苗も太陽の光をガラスの屈折によって集中攻撃してあげたら、これもニョキニョキ伸びてきた。太い茎、しっかりとした葉。

わー、大きめの植木鉢が必要やわ、と植木鉢を探してる所、目が覚めた。

目が覚めた後、ニョキニョキ植木が大きくなった残像がずっと残っていて「今年はええ感じやん」と少し興奮ぎみ。そやけど、窓の外はまだ真っ暗で何時かわからん。
とにかく、もう一回布団を被って朝をまつことに。

朝おきたら、なんだかまだうきうきしてる。
今日は1月1日、正月やん。
あれまあ、初夢の内容を覚えてるやん。

気持ちが嬉しくてベッドを出た後、とりあえず腕立て伏せから。それに引き続きストレッチとヒップアップ体操。

何事も初めが肝心初めが肝心。

2009年、はりきって行こう!
[PR]
by keibunkin | 2009-01-01 17:22 | ミュンヘン