「ほっ」と。キャンペーン

モロッコでの生活、ほんで商売?


by keibunkin

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日はよう、走ったわ。

いやあ、しんどかった。

家の近所に住んでいるフランス人ヒューゴ。前々から一度走ろうと言ってたんやけど、今日ようやくそれが実現しよった。
なんかフランス人が集まってマラソンに向けて練習してるそうな。月水土が男衆で火木が女衆。先週木曜日に女の子グループに参加してランニングしたんだけど、超遅く、超短かった。ほんで今日月曜日、ヒューゴが一緒に走ろうと誘ってくれたので、男衆に混じって走ったぞ。6人みなはんフランス人。全部で10キロをロードのフラット。
ロードフラットは苦手やけど、運動の為シャー無しに走ったわ。行きはようよう付いて行ったけど、帰りは結構ヘタバッタのか、彼らがスピードを上げたのか、最後は100m以上も離されてしまったわ。
しんどいぞお。
そやけど、これを週3回したら、私はひょっとしてむっちゃ早くなるんじゃないかしら。

期待してたデートは今日なかったし、その分ごっつい運動したから、今日も1日有意義だったわ。

もうお酒飲まへんでも今日はぐっすり寝れるぞ。

あー、本間にしんどかった。
[PR]
by keibunkin | 2010-11-23 08:21 | モロッコ
さて、10時に約束してるワーカーの為、ホテルを9時に出た私はまず腹ごしらえ。
近くのカフェに行きましたが30人のお客にウェイターが1人。これは時間がかなりかかるなあと思い、注文したけどお店を抜け出し隣のパン屋で朝食を済ませました。

9時50分に家に着くとマンレムは既に家の前で待っていました。マンレムと言うのはアラビア語でいう「大将」か「お頭」っぽい意味と私が勝手に思っています。マンレムは何時も同じ服を着ている。夏も冬の秋も長ズボンとジャケット。ドラえもんの服のように何着も同じ物をもっているのかな。それとも洗った試しがないのかな。
長々とマンレムと値段交渉をして、どうにかして後30日で工事を済ませてくれとせがむ私。ノープロブレムと言うが、どうせ倍の2ヶ月はかかると見込んでいる私。
私もかなりモロッコ人を理解してきたもんだ。

その後、バブドハミスに言って久しぶりの中古屋さんを見て回る。衝動買いしてしまったのはリーバイスのジーンズ80Dhと皮の手袋40Dh。リーバイスは中古でなく新品です。でもたぶんパチもんだろうなあ。毎日普段着の私は買い物となるとジーンズばっかり買ってしまっている。昔はブラウスやスーツなんて買ったけど、もうこの先買う事なんてないかもしれない。

午後は近所に住むフライトスーパーバイザーのゴッド家に遊びに行きました。ワインを飲みながら如何にパイロットがプレイボーイなのかと2時間も話し込んでしまった。リーバいわく「パイロットなんて飛行機のドアがしまった瞬間彼らは別の宇宙に行ってしまうの。そして現実を忘れて遊びまくるのよ。飛行機のドアが開くと元通りの家庭に帰っていくのよ。」だって。

それからクリスとウィルから映画を誘われて、Stephen Kingの1408って言うDVDを見に行きました。
友達のいない私にとってこの2人に遊んでもらえるのは超ありがたい。明日は月曜、ウィルがまた遊んでくれるんですって。クリスが入ってないって事ってひょっとしてデート?なーんて勝手に連想してる私でした。

まあ、こういうのがないとモロッコは面白くないからなあ。

明日の為に今日は顔にたっぷりクリーム塗って寝る私でした。
おやすみ。
[PR]
by keibunkin | 2010-11-23 08:20 | モロッコ
さて、4ヶ月ぶりのモロッコです。

私が気付いたこの4ヶ月間で変わった事は;
ホテルTAZIからジャマエルフナへの道路の舗装が終ってる。道はチョコレート色したアスファルトに所々四角に削った石畳が帯状に並べられている。あんまりたいしたもんじゃないなあと思っていたら、夜に成るとその道路の真ん中に上がネオンライトの飾りになっている柱が5m感覚で設置されていました。昼間は気付かなかったのですが、夜ネオンが青く光ると華々しく見えます。発想が中国っぽいと思ったのは私ぐらいでしょう。
それと市営バスが新しくなっていた。新しいデザインはあまり前とは変わらず、使い勝手が相変わらず悪い(例えば、椅子が大きい、座席が高台にある、降車ボタンがあるけど作動しない、窓は開かないが空調がない、等等)が、新しくなったのはとにかく良い事だ。王様、こう所にはお金を掛けてるんだ。
ほかには不動産の物価がどんどん下がって空家が目立ったことかな。

相変わらず、ゴミ箱を漁ってる人、物乞いをするおばさん、杖をついた盲人が何かを唱えて道をまっすぐ歩いてる、クッキーが入ったトレーを持って地面に座っている子供、広場はこっちですよと嘘をつく青年達、路地の壁面からするアンモニアの臭いなどはあって、かえってこれがないとモロッコに帰って来た感じがしない。

先週11月15日夜に着いたのですが、着いて早々犠牲祭があって、どこもかしこも1週間ほどお店がクローズしワーカーも帰省していたのです、なので私は毎日暇つぶし。一昨日やっと私が贔屓にしているワーカーと電話がつながり日曜日から仕事に来てくれる言ってくれました。楽しみです。内装がまたまた再開するのですが、本当にがんばって今回の滞在期間に終らせたいもの。

昨日は友人クリスとレベッカとでイミリルからイキスまでの登山道をえっちらおっちらと約6時間歩きました。猛暑の夏が終って、氷が張るまでの短い秋を楽しんだわけです。来週か再来週にまた山が行けるといいなあ。
今回私の抱負はモロッコでもKeen'n fitなので、何か定期的な運動をたくさん拵えようとしてるわけです。

それから、thaiwokという泰レストランにも行きました。クリスの同僚、あれ?名前を忘れた。オーストラリア人の彼女と彼女のフィアンセも一緒です。フィアンセは彼女の半分ぐらいの細さでワリと有名なバンドのボーカリスト。フレンドリーで大柄な彼女とジャンキーなモロッコシンガーとのユニークな組み合わせ。

モロッコの泰レストランには何故かお寿司や刺身といった日本料理があります。その逆も同じ、日本レストランには何故かトムヤンクンやパッタイと言った泰フードがあります。

外国人にとって、泰も日本も同じってことでしょうか?

でも、なんちゃって泰料理になんちゃって和食でもアジア料理に飢えてる私にはとても美味しくて、あっというまにペロリと食べちゃった。

さて、今日は日曜日。10時からワーカーと打ち合わせ(もちろん手話での会話です)。

がんばるぞ〜!
[PR]
by keibunkin | 2010-11-22 08:20 | モロッコ