モロッコでの生活、ほんで商売?


by keibunkin

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

そうじゃ、そうじゃ、エビスはその後どうなったのか。

7月にマラケッシュを去ったとき、アメリカ人の友人Rちゃんにエビスを預かってもらった。
彼女は大の猫好き。そのとき既に4匹の猫が居て、路上で見つけた子猫をどうしようかと迷っていたときの事でした。
当初私は2ヶ月の留守の予定だったのだけど、結局マラケッシュに戻って来たのが4ヶ月後。

友人Rちゃんも3ヶ月ほどアメリカに帰っていたとか。

「なんや、そうやったら、エビスはそんなにRちゃんに懐いていないかも。」
と思いきや、案の定、私がエビスに会いにRちゃんの家に行ったら、エビスはソファの後ろに隠れて
なかなか出て来ない。

他の5匹の猫(結局Rちゃんは路上で見つけた子猫も飼ってしまっての)は何ともなく、私の戯れつくのが、エビスが私を避けてる?

これはやっぱり私の家には帰りたくない証拠なのかしら?

Rちゃんも何故かエビスが大好き。
夜も一緒に寝るんだって。

かくて、エビスはRちゃんの6匹目の猫となったのさ。

話は変わって、2週間前の事。
路上でまたもや猫を発見。発見といっても、モロッコでは至る所に猫がうじゃうじゃいる。
たまたま見かけたこの猫は前の足を引きずっていて歩いていた。というよりも車の下に隠れた。
しゃあないから、車の中からでてくるまで、ずっとしゃがんで待つ事訳15分。

待った甲斐があって、出て来た所をキャッチ。

よく見ると、足の爪(指)が1本か2本かなくなって怪我をしていた。

しゃあないから、SPANAという動物愛護協会に連れて行く事に。

そこは以前、エビスが怪我をしたときにタダで見てくれた犬猫病院(ロバも馬も見るよ)。
しかしドクターにいきなり「この猫はあなたの猫ですか?」と聞かれた。

どう応えるか、躊躇して、曖昧に応えた私。

「貴方の猫であれば、プライベイトホスピタルに連れて行ってください。ここは貧しい人のため用の病院です。」

というわけで、私はこの猫は道で拾た猫で私の猫ではない、と説明し、とりあえず、治療してもらうことにした。

猫を置いて帰った私。昨日、別の様のSPANAに行った私。
貰い手を待っている約30匹の猫が広いスペースで放し飼いされていてる囲いがある。

この間の猫を探したのだが、その中には居なかった。

どこに行ったんやろう?治療を終えて街の中に返されたのだろうか?
それとも。

モロッコには野良猫やら野良犬がたくさんいる。
なんか、私にできひんやろうか?

ぼちぼちやけど、家の内装が終ったら、何かしようと考えている私でした。
[PR]
by keibunkin | 2010-12-15 18:00 | えびす
今日も頭に着たで。

毎回毎回、家賃を貰っていないという大家さん。
頭の構造は一体どうなってるんやろう?

今日は私の銀行明細書、振込伝票など一切合切持って、見せたのにもかかわらず、まだ12月分は貰うてないといいよる。なんでこんな簡単な計算、照り合わせができないんやろう?

通訳となってくれた友人ミゾも2時間も掛けて説明してるんやけど、たぶん彼自体数学が弱いんか、銀行明細書と言う物を見た事がないせいか、説得が今一弱い。

結局、大家さんと私の共通の知り合いである、近所に住むフランス人ヤヤに明日着てもらい仲介してもらうことになった。私はいかないよ。今日ヤヤに会って彼に全て説明したから、明日ヤヤから大家さんに説明してもらう。

モロッコ人の頭の悪さにはたいてい我慢ができるけど、後で自分が間違いやと判っても「ごめん」と謝ってこないのが、むかつくわ。

今日はストレスのお陰か、お腹も空けへん。こんな事もあるんやわ。
何か機嫌直しに良い事したいけど、何もない。

あー、やっぱりジムにでも入ってストレス発散するしかないのかしら?
[PR]
by keibunkin | 2010-12-15 03:04 | モロッコ
今日の1日です。
まずは家の調子を見に行きに。マンレム、ちゃんと仕事やってるかな?給料1000Dh払ったら、やっぱり機嫌良くなってたわ。トイレのお手洗いのセメントちゃんとやってね。

それからアパートのオーナーに会う約束や。レンタルを払わなあかんけど、私は前に渡した2枚のチェックはどうなってるねんや? 結局、話が通じず、明日また話すことになった。

その後、ハマム(風呂屋)行ったぞ。なんや改装してるやんか。むっちゃ前より奇麗になってるぞ。
内装費にお金を掛けてるけど、そんなに儲けはあるんかいな。そやけど、風呂はやっぱり最高やね。

それからバブドハミスに行ったよ。古着を2枚で26Dhで買った。前回は一枚5Dhやから、今日の買いもんは高かったなあ。本間はお手洗いの台の足本を探しに行ったんや。けっきょく見つからへんかった。ミシン台は500DHもするけど、これでええ事にしとこかな。

ほんで、ホテルに一旦帰ると、それから7時にクイズナイト初参加。クリス、むっちゃはりきり、アニーと歌手の彼はラブラブやったわ。やっと来た日本関係の質問「フジモリの大統領となる国は?」で「ブラジル」と応えた私。なんや「ペルー」やったわ、大失敗。

それから、つい一昨日知り合ったメルセデスと夕食を。名前がすごいなあ。彼女はスペイン人やのに、なんでメルセデスというねんやろう?

ほんで今日の最高は、タクシーに乗ってジャマエルフナに帰ったよ。11.5Dh掛かったのに、20Dhでなんと10Dhもお釣りをくれおった。これはブロクに書かないと。滅多にないよ。いつも殆ど怒鳴り合いの喧嘩で「死ね」と捨て台詞をしてタクシーを降りる筈やったのに。今晩のタクシーの運転手はなんと多めにお釣りをくれよった。そんなことがモロッコにあるなんて。

それだけで、人生が幸せになった私でした。
人間って、単純なのよ。
[PR]
by keibunkin | 2010-12-14 08:58 | モロッコ