「ほっ」と。キャンペーン

モロッコでの生活、ほんで商売?


by keibunkin
さて、10時に約束してるワーカーの為、ホテルを9時に出た私はまず腹ごしらえ。
近くのカフェに行きましたが30人のお客にウェイターが1人。これは時間がかなりかかるなあと思い、注文したけどお店を抜け出し隣のパン屋で朝食を済ませました。

9時50分に家に着くとマンレムは既に家の前で待っていました。マンレムと言うのはアラビア語でいう「大将」か「お頭」っぽい意味と私が勝手に思っています。マンレムは何時も同じ服を着ている。夏も冬の秋も長ズボンとジャケット。ドラえもんの服のように何着も同じ物をもっているのかな。それとも洗った試しがないのかな。
長々とマンレムと値段交渉をして、どうにかして後30日で工事を済ませてくれとせがむ私。ノープロブレムと言うが、どうせ倍の2ヶ月はかかると見込んでいる私。
私もかなりモロッコ人を理解してきたもんだ。

その後、バブドハミスに言って久しぶりの中古屋さんを見て回る。衝動買いしてしまったのはリーバイスのジーンズ80Dhと皮の手袋40Dh。リーバイスは中古でなく新品です。でもたぶんパチもんだろうなあ。毎日普段着の私は買い物となるとジーンズばっかり買ってしまっている。昔はブラウスやスーツなんて買ったけど、もうこの先買う事なんてないかもしれない。

午後は近所に住むフライトスーパーバイザーのゴッド家に遊びに行きました。ワインを飲みながら如何にパイロットがプレイボーイなのかと2時間も話し込んでしまった。リーバいわく「パイロットなんて飛行機のドアがしまった瞬間彼らは別の宇宙に行ってしまうの。そして現実を忘れて遊びまくるのよ。飛行機のドアが開くと元通りの家庭に帰っていくのよ。」だって。

それからクリスとウィルから映画を誘われて、Stephen Kingの1408って言うDVDを見に行きました。
友達のいない私にとってこの2人に遊んでもらえるのは超ありがたい。明日は月曜、ウィルがまた遊んでくれるんですって。クリスが入ってないって事ってひょっとしてデート?なーんて勝手に連想してる私でした。

まあ、こういうのがないとモロッコは面白くないからなあ。

明日の為に今日は顔にたっぷりクリーム塗って寝る私でした。
おやすみ。
[PR]
# by keibunkin | 2010-11-23 08:20 | モロッコ